理系アメリカ大学院

  • シゲキ的バイオ最前線。(杉井 重紀さん)
    2003年に Department of Biochemistry, Dartmouth Medical School にて Ph.D. を取得。学部・修士卒業からアメリカの大学院入学まで1年半の準備期間がある人には、特におすすめです。未来型カガクシャ・ネットの管理人でもあります。
  • 日本の国際化:青谷正妥 私設ホームページ(青谷 正妥さん)
    Department of Mathematics, University of California, Berkeley にて Ph.D. を取得、在米暦20年、現京大助教授。最初は行き先を間違えた、妙なとこに迷い込んだ、と思うかもしれませんが、心配しないで下さい。理工系の大学院進学情報のみならず、英語の勉強法や国際化に関しての提言が載っています。
  • Aerospace In Atlanta(KING さん)
    2006年に School of Aerospace Engineering, Georgia Institute of Technology にて MS 課程修了。留学の事始めから現在従事している研究に関して等まとめられています。特に授業・研究室紹介が充実しているので、今後航空宇宙学留学を考えている方には参考になります。
  • 理系大学院留学日記(嶋 英樹さん)
    2004年秋より The Language Technologies Institute of the School of Computer Science, Carnegie Mellon University の Ph.D. 課程に在籍。深いバックグラウンドから繰り広げられる豊富な話題は決して読者を飽きさせません。在学中に結婚したアメリカ留学大学院生の鏡。
  • ニテヒナルびいたま(小山 達樹さん)
    2003年に Department of Statistics, University of Pittsburgh にて Ph.D. を取得。現在、Department of Biostatistics, Vanderbilt University School of Medicine にて Assistant Professor. ランダムウォークと言う雑記帳や、日常生活に密着した統計確率の話など、興味深い読み物が満載です。現在は、思わず吹き出してしまうブログが中心。
  • life@MIT(robo さん)
    2005年秋より Department of Electrical Engineering and Computer Science, Massachusetts Institute of Technology の Ph.D. 課程に在籍。理工系学生の憧れである MIT での大変でもあり、かつ充実した日々が綴られています。日本ではヒューマノイドロボット、MIT ではバイオハイブリッド義足の研究に従事されています。
  • Road to Ph.D.(YUYA さん)
    2004年秋より Department of Electrical and Computer Engineering, University of Colorado at Boulder の Ph.D. 課程に在籍。専門は Microwave Engineering で、面識はなかったけど出身大学の先輩にあたります。
  • 理系留学のススメ(是永 淳さん)
    2000年に Oceanography/Applied Ocean Science and Engineering, MIT/WHOI にて Ph.D. を取得。現在、Department of Geology and Geophysics, Yale University にて Assistant Professor. ご自身の留学経験と現在の審査員の観点から述べられた大学院選考突破法、入学から卒業までの問題対処法など、非常に貴重な情報が満載です。
  • 未来型カガクシャ・ネット
    理系で大学院留学を目指す人、または現役の大学院留学生のためのネットワークとして2000年に発足したメーリングリストがウェブサイトになりました。これまでのメーリングリストのみの活動から、無料メールマガジンをはじめとした多様なコミュニケーションを図る、新たなコミュニティを目指していきます。理系大学院留学希望者はぜひどうぞ!
  • 実録! アメリカ大学院サバイバル(Daigo Tanaka さん)
    2007年に Department of Biomedical Engineering, Carnegie Mellon University にて Ph.D. を取得。学生時代のコンピュータを医療に役立てる研究から、石油探索にコンピュータを応用する仕事へと転換。趣味は幅広く、何をさせてもすべてが一流になってしまう方です。