Donation and Philanthropy

東工大の同窓会,蔵前工業会が来年創立100周年を迎えるそうだ.いきなり余談だけど,anniversary と聞くとお祝い事の何周年とかのイメージが強い気がする(自分だけ?)けど,何回忌なんてときも anniversary を使って,例えば昨日(12/8)は 25th Anniversary Of John Lennon's Death だったとか.あと chance と聞くと好機という意味を連想しがちだけど,可能性や見込みを表す場合にも使われて,降水確率を chance of rain(/snow) と言ったりする.人によっては『チャンス』なのかもしれないけど.

話を戻すと,100周年記念を迎えるにあたり,これまで以上に東京工業大学後援会への寄付を呼びかけており,結構な額が集まっているとのこと.『世界最高の理工系総合大学』の目標実現に向けて使われるそうだ.ぜひそうなって欲しい.でも寄付といえばアメリカ.その額は半端じゃない.寄付をすると税金控除になる等の理由もあるけど,これはアメリカと日本で最も差が大きいものの一つだと思う.

ホプキンスのホームウッドキャンパスはいま結構大規模な工事をやっていて,2007年に Alonzo G. and Virginia G. Decker Quadrangle という,ビジターセンターやいくつかの校舎が完成予定である.その一つに The New Computational Sciences and Engineering Building というのがあって,いまは専攻ごとに散らばっているロボット関連の研究室をそこに集めるそうだ.あと1年ちょっとすれば新しいオフィスに移ることができるので,いまから結構楽しみにしている.このビルの総工事費はおよそ3,600万ドル(1ドル120円換算で約43.2億円)掛かり,建てている最中だけどいま寄付を呼びかけている.つまり確実な資金源の当てはないけど,まぁ誰かがお金を出してくれるということなんだろうか.もちろんこれにはからくりがあって,寄付してくれた人の名前が建物の名前になったり部屋の名前になったりする.小口だと小規模ラボで10万ドル(1,200万円),1,500万ドル(18億円)寄付すれば建物に名前を入れられるそうだ.お金が余ってる方はぜひどうぞ.ライブカメラで工事現場の様子をこちらから見られます.

● 関連
shima's: ビルゲイツから20億円のプレゼント!
アメリカの「寄付の文化」の背景にあるのもの
現役教授が200万ドル寄付

TrackBacks (0) Comments (0)

0 TrackBacks

Listed below are links to blogs that reference this entry: Donation and Philanthropy.

TrackBack URL for this entry: http://www.thepath.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/133

Leave a comment