Spring 2006

今日から春セメスターがスタート。学部生が一斉に戻ってきたので、4月の日本の大学みたいに一気に人口が増えた。Quals は先週月曜、Intersession も先週金曜に終わったので、週末は日本人院生でパーティーを楽しんでちょっと一息。また今日から授業に研究に頑張らなければ。

今セメは少し授業を抑え目にして、その分研究に力を入れたいと思っている。先セメに線形システムを担当した大物教授が今期で最後の教鞭を執るので、その非線形システムを受講。非線形システム自体は非常に込み入った難解な学問だけど、前回適応システムを受講したおかげで少し非線形システムのことを習っているので、ちょっとだけアドバンテージがある。あともう一科目は学部生向けの確率・統計。もう1ランク上の統計学のクラスがあるけど、去年最初の1週間だけ出てみたら記号が全然わからなかった。今日、確率・統計のシラバスを聞いた感じだと、なんだか日本の高校レベルの話をしていたけど、まぁ大学入試以来まったく手をつけていない分野なのでリハビリも兼ねて。これだと少し時間的に余裕があるから、今後の研究成果発表を考えて、リサーチ・ライティングかプレゼンテーション・スキルのクラスを取ろうと思って指導教官に相談してみたら、「そういうのは実際に自分の研究で実践するのが一番だし、それを教えるのが私の仕事」と、なんとも励みになる返事を頂いてしまった。でもせっかく余裕がありそうなので、代わりに ESL のスピーキングのクラスを受ける予定。夜間週2なので、ちょっとした気分転換にもいいかもしれない。パッと見、ポスドクばっかりで院生は全然いなかったけど。

ところで、去年は2/25にやった新入生向けの Grad Visit Day というイベントを、今年は今週金曜に開くそうだ。青田買い作戦に出たのか?と思ったら、(多分)昨年までは1/15が願書出願〆切だったのが、今回は12/15〆切に変わっていた。やっぱり良い学生を早く確保したいから早めになったのかな?自分が出願のときに12/15〆切だったら、間違いなく撃沈してた気がする。。。

TrackBacks (0) Comments (2)

0 TrackBacks

Listed below are links to blogs that reference this entry: Spring 2006.

TrackBack URL for this entry: http://www.thepath.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/149

2 Comments

ずいぶんアプライしてからVisit dayまでが早いですね。去年ぼくがアプライしたときには、同じ締め切りの日12/15だったのですが、3月のはじめにVisit weekendというものをやりました。

講義を少なくしたとしても、セメスター始まったら研究を進める自身がありません。どうすればいいすかね。。

ウチの Visit Day はアメリカ人のみだった気がします(それはどうかと思うんですが。。)。時期が早いのは、MIT に取られる前にアピールするためでしょうね(笑)

僕は最初のセメスターは授業だけでした。しかも途中でドロップして結局2科目と ESL だけでした。去年の春セメスターも少し文献を読んだ程度で、授業3科目で本当に一杯一杯でした。先セメからようやく2科目+研究になりましたが、2つのプロジェクトに携わっているので、なんだかどっちもいまいちの進捗具合でした。来た途端から超ハードな2クラスと研究をやりこなした robo さんは凄いと思います。今セメは少し慣れてくる部分もあると思うので、robo さんならきっと大丈夫です!毎週研究に集中する時間を意図的に確保したりして、お互い頑張りましょう!

Leave a comment