MSE Library

最近取り組んでいる研究が人間-機械系と呼ばれる分野で、人間が制御システムの中に入ってくる。となると、人間のモデル化が必要になるため、心理学や脳科学の分野にもまたがってくる。大学のネットワークを介せば基本的に主要ジャーナルにはアクセス可能なので読みたい論文がすぐに手に入るけど、特定分野のジャーナルは特定分野の専攻からしかアクセスできない場合もある。今日探していた論文は自分のところからだとアブストラクトしか読めなかったので、関連専攻に所属しているYさんに頼んでみた。結局そこからでもダメだったようだけど、Yさんから今まで知らなかった図書館の利用法を聞くことができた(と言っても有名らしい)。

ある本・雑誌の数ページのコピーのみ欲しい場合でそれが大学図書館にあるとき、図書館のウェブサイトにいってどの本のどのページのコピーが欲しいかのリクエストフォームに記入すれば、スキャンしたものを PDF 化してメールで送ってくれるとのこと。だからわざわざ図書館に行って小銭を払ってコピーして(図書館のコピー機は有料)、それをさらにスキャンして PDF 化して保存、なんて必要はまったくなく、ただメールが届くのを待っていればいいだけ。(少なくとも)院生以上は無料で利用可。ちなみに、借りたい本をオンラインでリクエストして学科の自分のポストに配達してもらうことも院生以上は可能。広大な敷地でもないのに大学院生がそんな億劫でいいのか、と叱られてしまいそうだけど、細分化がきっちりなされてるアメリカならでは(それとも金持ち大学故か)。ただし、急ぎの場合は自分でやった方が早いと思うけど。

ちなみに MSE と呼ばれるホームウッドキャンパスのメイン図書館、正式名称は The Milton S. Eisenhower Library で、このミルトン・アイゼンハワーは第34代大統領ドワイト・アイゼンハワーの弟にして、ホプキンスの第8代学長でもある。この図書館建設に際して、ホプキンスの名物時計台より高くならないようにという不文律のもと、6階建てなのに地上2階+地下4階の構造になったそうだ。

● 関連
Facilities@JHU

TrackBacks (0) Comments (0)

0 TrackBacks

Listed below are links to blogs that reference this entry: MSE Library.

TrackBack URL for this entry: http://www.thepath.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/297

Leave a comment