Cost of the realignment of the US military

先日の米軍グアム移転費のニュースを見て、その昔、コンポを買おうと秋葉原に行ったことを思い出した。大して情報収集もしないで一店舗目に入ったら、ちょうど予算内で収まりそうな製品が目に付いた。メーカーは SONY だから悪くはない。そのコンポの相場はわからなかったけど、話し掛けてきた店員さん曰く、「いやー、これはかなりお手頃価格ですよ!」とのこと。でもまだ他の店も見たいからと伝えると、「じゃあ割引しますよ、ブランク MD も付けますよ(当時はまだ MD 全盛期だったので)」、と交渉してきた。それでも渋っていたら、「この場で即決ならこの値段にします!」とさらに割引額を提示してきた。結構魅力的な値段に思えたけど、かなり迷った挙句、結局他のところも見て回りたいので、とその店を後にした。結局その後いくつか見て回ったけど、一番最初の店で提示された金額は実は大したものではなかった。もし最初に提示された金額で購入していたら、きっと自分は満足のいく買い物をしたと思ったかもしれない。でも、冷静になって客観的に見てみれば、本当に良い買い物をしたかどうかはかなり疑問の余地が残るんだろうと思う。

最近のニュースしか見なかったから詳しい経緯はわからないけど、今回のグアム移転費も同じことが言えると思う。最初ある程度の出費は日本も覚悟していただろうけど、アメリカ側に先制攻撃で75%を要求された。さすがにそれでは高いから50%以上は無理なんじゃないかと思い始める(でも当初は50%なんて考えもしなかったのでは?)。とは言ってもお互いに譲歩する必要があるから、現実的には50%と75%の間だろう → 最終的に59%まで減らせて一部の永田町の人は満足した、というように自分の目には映った。今回の合意に関して、果たして永田町以外でどれくらいの人が「よくやった」と思っているのだろう?少なくとも Yahoo! JAPAN で読める社説はすべて否定調だった。それにしても調子にのって3兆円も要求してくるなんてありえない。

蛇足だけど、コンポを買いに行ったとき、秋葉原では交渉して値段を下げるというルールを知らなかった。その経験を活かし、渡米前の買い物のときには、「これとこれとこれを買いたいけどこの予算でどうでしょう?」と直球勝負でいくつかの店を回って、結果かなりいい買い物ができた。

TrackBacks (0) Comments (0)

0 TrackBacks

Listed below are links to blogs that reference this entry: Cost of the realignment of the US military.

TrackBack URL for this entry: http://www.thepath.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/300

Leave a comment