2日目:NYC 散策

■ 2006年6月10日(土)

View of Manhattan from a ferry

View from Top of The Rock

Security Council Room

King Kalbi at Woo Chon
週末なのでいとこ夫妻がニューヨーク市内を案内してくれることになった。両親はすでに一度来ていて、自分も何回か来ている。そんな今回の観光地はトップ・オブ・ザ・ロックと国連本部。でもその前に日本食品店ミツワで恒例のお買い物。あの『日本のスーパー』みたいな雰囲気はミツワならでは。ちなみに去年行ったときは、ミツワ内のらーめん山頭火で食べた。

フェリーに乗ってハドソン川を渡り、ニュージャージーからニューヨークへ。そこから無料シャトルでマンハッタンまで行ける。フェリー代にシャトルバスの代金も含まれてるからとのことで、帰りもマンハッタンからフェリー乗り場まで無料で戻ってこられる。

トップ・オブ・ザ・ロック(Top of The Rock)は1933年に展望台がオープンしたけど、2005年秋に20年ぶりに一般公開が復活したそうだ。70階(260m)から見渡すニューヨークの街並みは凄いの一言。風が強かったおかげでもやがかってなく、非常に見晴らしがよかった。エンパイアステート・ビルの説明に、King Kong is Here (映画『キング・コング』で)と書かれていた。年中無休で営業時間は朝8時から深夜12時(最終エレベータは午後11時)まで。オンラインで入場時間指定のチケットを買えるとのこと。ニューヨークの夜景が見たい方はオンラインで購入しておくときっと便利だと思う。

その後、サンドイッチ屋に入り昼食をとる。飲み物にレモネードっぽいものを注文し、それを一口飲んだ両親が「ちょっと味が変だね」と二人揃って言った。自分にとってはまったくもって普通の味。この後も二人から繰り出される「ちょっと変な味」発言に、どうやらこの2年間で自分の味覚もアメリカ色に染まってきたことを痛感する。でも美味しい日本食は美味しいままなので、アメリカ生活で味覚の許容範囲が広くなった、と自分に言い聞かせている。日本に一時帰国した友人が彼の友達にハグしようとして冷たい視線を浴びたってのよりは全然マシかな。

さて、少し遅い昼食を取り終えた後は国連本部へ。この日は加盟国の国旗が揚がっていない。ツアー時に訊いた話によれば、国旗が掲げられるのは平日で天気のいい日だけとのこと。英語のツアーは団体でなければ特に予約が必要ないそうだけど、その他の言語のツアーは当日の朝にならないとわからないとのこと(→ FAQ 2番目参照)。朝、いとこが電話確認してくれたら、ちょうどこの日は日本語ツアーがあってよかった。約1時間のツアーで、安全保障理事会会議室や総会ホールなどを回る。恥ずかしながら、国連公用語にアラビア語が入ってるなんて初めて知った(その他は、英語・フランス語・スペイン語・ロシア語・中国語)。

夜はいとこの旦那さんマイクお気に入りの韓国料理屋 Woo Chon. 2年前のニューヨーク観光時も連れてきてもらったけど、ここの焼肉は絶品!日本人が多かったから、旅行ガイドにも載ってるのかもしれない。


TrackBacks (0) Comments (0)

0 TrackBacks

Listed below are links to blogs that reference this entry: 2日目:NYC 散策.

TrackBack URL for this entry: http://www.thepath.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/319

Leave a comment