3日目:NJ → ゲティスバーグ → ボルチモア

■ 2006年6月11日(日)

sCIMG3164

sCIMG3169

sCIMG3183

SESAME MARINATED DUCK
この日はニュージャージーからボルチモアへの移動日。せっかくなのでどこかに寄っていく計画を立てていた。でも1日目の迷走ぶりから、ゲティスバーグに行くかもう少し道がわかりやすそうなランカスターのアーミッシュ村にするか迷う。本当はフィラデルフィアがいいんだけど、自分は2年前に行ったし、ほとんど見て回る時間がなさそうなので却下。結局、当初の予定通りゲティスバーグに行くことに決定。経路によるのかもしれないけど、Google Maps だとちょっと細かすぎて逆にわかりづらい。Map Quest だと余計な情報は省かれてたので、念のため両方のプリントアウトを持参。

ニュージャージーのいとこ宅からゲティスバーグまでは190マイル、4時間ドライブ。US-22 W & I-78 W を120マイルくらい走るんだけど、I-95 に比べるとみんな結構安全運転な雰囲気。自分より速い車がいればいいんだけど、自分が最高速車だと捕まる確率が高いので周りに合わせた。でも I-95 に比べてほとんどパトカーがいなかった。途中気になったのが、都市名に ***burg/burgh がとっても多かったこと。ウィキペディアによれば、

ドイツ語で Burg は都市・城を意味し、また、-burg は、ドイツ語・オランダ語・アフリカーンス語で町を意味する接尾辞である。英語の -burgh も同様。

とのこと。行けなかったランカスターのアーミッシュ村ではペンシルバニア・ダッチと呼ばれるドイツ語の一種が話されているそうだ。なんでダッチなのにドイツ語?って父親に訊かれてわからなかったけど、これまたウィキペディアによれば、Dutch (オランダ語)とはまったく無関係で、Dutch は古くはドイツ語・ドイツ人を指したそうだ。ということで、なんでペンシルバニアはこんなにドイツと深い関係なんだろう?

結局道に迷うことなく順調に進み、3時間半でゲティスバーグに到着。ゲティスバーグを見て回るには最低3時間必要、とオフィシャルサイトには書かれていて、夕方の出発まで3時間強ほど時間があったのでちょうどよかった。ビジターセンターに行ってマイカーで回るセルフガイドツアーの地図をもらい、自分の車で回り始める。でもこれがまずかった。周りを見渡すとほとんどがアメリカ人。アジア系もスペイン系も全然いない。そう、ゲティスバーグはアメリカ史にとって重要な地だけど、アメリカ史を知らないとまったく楽しめないところ。ここでアメリカの歴史を垣間見ようと思ってたけど、そんな考えは甘かった。結局北海道みたいな広大な原っぱを見て回って終了。英語ツアーでも頼んだほうがまだましだったと思う。ランカスターに行ってればあまり基礎知識なくても見て楽しめたので、アーミッシュ村の方がよかったかもしれない。

一番気掛かりだったのは、ゲティスバーグからボルチモアまでの道のり。地図を見ると大きなフリーウェイがないので Google Maps の道順案内を見たら帰れる自信がなかった。でも Map Quest だと比較的単純。実際、一箇所間違ってすぐ気付いた程度で、そんなに込み入ってなかった。というわけで、長距離ドライブの際は色々な地図を見比べてみるといいと思う。

ゲティスバーグ-ボルチモア間は60マイル、1時間半。予定より早く着いたので、大学キャンパス北側の高級住宅街を回る。ほんの1ブロックで雰囲気(治安)が変わる、というのを両親が目の当たりにしてびっくりしていた。自分も日本でそう聞いたけど、実際自分の目で見るまで全然わからなかった。その後キャンパスを少し散策。日曜で人がいないからか、かなりの数のウサギを目撃。その後、ボルチモアではお勧めの東欧レストラン Ze Mean Bean Cafe で夕食を食べる。最後のデザートでなんとか面目を保ったけど、サラダとかメインはあまり両親の口に合わなかった様子。確かに前回来たときほど当たりとは思わなかったけど、それでもうーん。。。


TrackBacks (0) Comments (0)

0 TrackBacks

Listed below are links to blogs that reference this entry: 3日目:NJ → ゲティスバーグ → ボルチモア.

TrackBack URL for this entry: http://www.thepath.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/320

Leave a comment