作文力・プレゼン力に関して

アメリカでの大学院生活も3年目に入って、少しは色々なことが見えるようになってきた。以前にもどこかで書いたかもしれないけど、日本の学生は作文・プレゼンテーション能力を鍛えるべきだと思う。でも、残念ながら上手く教えられる教員がいないからか、日本の大学ではそういう授業がないんだと思う。自分の研究を他人に理解してもらうためには、丁寧にわかりやすく説明することが重要で、その点において日本の学生とアメリカの学生には大きな隔たりを感じる。こっちの学生を見ていると、授業のレポート書きの延長線上で論文を書ける気がするけど、少なくとも自分の学部時代の体験では、レポートと論文はまったく別物だった。

とここまで書いておいて、ここから逆の主張をすることになるけど、作文・プレゼン力があまりにも優れていて、一しかないことを十にも膨らませて説明できるのもちょっと困ってしまう気がする。アメリカの研究大学で大学教授として生き残っていくためには、グラント(=研究資金)を勝ち取る能力が必須で、研究資金を得るために大学教授は相当な労力を費やす。研究資金がないと、大学院生・ポスドクが雇えない、(研究資金を自分の給料にも充てている場合は)給料も入ってこない、研究に必要なモノが買えない、そして余計に研究が進まなくなって全然成果が出ない、となってしまうため。当然大学・分野によって変わってくると思うけど、多くの理系分野(特にサイエンス)ではこれが当てはまると思う。

研究資金を勝ち取るためには、明確に自分の研究プランを説明することが求められる。奨学金を狙う学生や大学院に出願する学生も、レベルはかなり違うけど、明確にプランを示すという点では一緒だと思う。だから、作文・プレゼン力がある人は、学生の頃からより多くの賞与をもらって、論文もどんどん出版し、将来的にも多くのグラントを獲って生き残ることができる。もちろんはじめに言ってるように、この能力自体は非常に重要なことだと思う。自分の研究を誰にでもわかりやすく伝えることは、研究者としての義務みたいなことだとも思う。でも時々ふと思うのは、説明が下手な人がいるんだから、説明が上手い人もいる。そして中にはちょっと上手すぎる人もいるはず。それってどうなんだろう、と。採択率が40~60%と言われるロボット系最大の国際学会締め切りが先週金曜で、アメリカからの採択率ってどれくらいなんだろうと思いながら、なんとなくそんなことを考えていた。

TrackBacks (0) Comments (3)

0 TrackBacks

Listed below are links to blogs that reference this entry: 作文力・プレゼン力に関して.

TrackBack URL for this entry: http://www.thepath.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/353

3 Comments

今期はライティングとプレゼン能力を鍛えようと思って、オーラル・プレゼンテーションの授業を取る予定でいましたが、授業数と相談した結果、単位にならない6科目目はやっぱり来期に見送ることに。。。
数回授業に出たところ、一コマ一コマが1分、3分、5分、10分の制限時間別、学術的orそれ以外のテーマ別、事前準備を伴うものと即席のプレゼンなど、プレゼンのタイプ別に分類されて、毎授業必ず全員がプレゼンを義務付けられるという実践的な構成。とてもためになりそうでした。日本でも、コンサルティングファームなどで似たようなトレーニングがあったようにも思いますが、学部時代からこんな細やかな指導を受けていれば、一定レベルまでは誰でもプレゼンが上手くなりそうですよね。

しかし、日頃プレゼンが上手すぎる人たちに囲まれていると、真実味が感じられない、話を膨らませすぎのスピーチには嫌気が差してきます。プレゼンでのアピールが足りない人に出会うと、この人の言うことは本当だ!と逆に信頼してしまったり、思わず応援したくなってしまうのですが、これもまた問題でしょうか。(笑)
大学教授の出世には研究資金の獲得能力(論文の発表数もさることながら、学術ものではない委託プロジェクトの量・金額も重要そうです)がものを言うという点は、おおむね社会学系の分野にも当てはまると思います。

先日、日本で学会に出ましたがプレゼンのタイプの違いにびっくりしました。(本当は「プレゼンの質」と書きたかったのだけど・・・)

発表が、「何かを読んでいる」というのがほとんどでした。実際に読んでなくても読んでいるような発表。また、スライドをずっと見て聴衆の方を向かない、というのが非常に多くて気になりました。

というようなことを言ったら、「何かを読みながら発表しているほうが、発表内容に信頼があっていいのだ」という意見を言う人に出会いました。ふぅん。だったら、読んでいるのをプリントアウトして配ってくれるだけでいいんだけどな。暇な時に読むから・・・

> checkie さん
いやー、やめて絶対に正解だと思いますよ。優先順位的に他の科目が上になると思うので、この授業の宿題は寝る前にやる羽目になって、結局睡眠時間を削ることになると思うので。。でも、かなりタメになりそうなカリキュラムですね!

> びいさん
学部4年のときに修士の中間発表を見に行ったんですが、原稿を読んでる人や暗記したのを棒読みしてる人が少なからずいて、「こんな発表だけは絶対にしたくない」と感じたのを覚えてます。僕の発表も大して変わらない気がしますが、場数をもっと踏んで上手くなりたいです。ところで最後の発言をされた方、質疑応答はどうやって対処するんでしょうかね。

Leave a comment