December 2006 Archives

途中で何度も落とそうかと思ったコンピューター・ビジョン、担当教授の説明がとっても曖昧で、授業からはほとんど何も得られず、パワーポイントも具体性に欠ける、さらに宿題は誤植が多くてかなり参った。でも、扱ってる題材そのものはとっても面白かった。その中から、セメスター最後にやったファイナル・プロジェクトと最新の研究事例をちょっとご紹介。


ファイナル・プロジェクトは2人のチームになって、約1ヶ月で仕上げた。いくつか選択肢があったけど、独自のプロジェクトをやるのもOK。自分のチームが選んだのは Photo-Mosaicing. 最初、写真&モザイクというキーワードから思わずあやしげな想像をしちゃったけど、英語で mosaic とは『寄せ集めの』という意味。つまり、いくつかの画像を貼りあわせて1つの大きな画像を作るプロジェクト。

これを進める上で欠かせないのが、SIFT (Scale-Invariant Feature Transform) というアルゴリズム。この正式な論文が発表されたのは2004年なのに、Google Scholar によれば既に800回弱の引用があるとのこと。それだけインパクトの強い手法なんだと思う。この SIFT というのは、ある画像内の特徴を抽出する手法。これを2つの画像で比べて共通する特徴を抽出し、その2つを組み合わせる。画像の輝度とかが若干違うので、画像をうまく混ぜ合わせる、というのが基本的な一通りの流れ。実際にこの手法を提案した筆者は、80枚の写真を組み合わせて凄い綺麗なパノラマ画像を作っている。さすがにそこまではできないので、自分たちは3枚を組み合わせるプログラムを作った。つまり、3枚の写真にそれぞれ30%くらい共通する部分があれば、プログラムが自動的に計算して、3枚の画像を組み合わせるもの。珍しく締め切りの12時間前以上にすべて終了して、出来もまぁまぁ。欲を言えば、もっとこんなパノラマ画像を作りたかったけど。

この話に関連して、最後の授業に紹介されたいま注目を集めている研究に、Photo Tourism というものがある。ワシントン大学とマイクロソフトが共同研究しているもので、データベースにある画像の特徴を抽出・比較することで、どの写真がどの場所から撮られたかを3次元上で再現してしまうというもの。このデモ映像を見ると、どんなものかなんとなくわかると思う。もしくは、実際にオンライン・デモも試せる。

ちなみに、画像処理の分野ではマイクロソフトが相当ずば抜けているそうだ。この授業を教えていた教授(画像処理では結構な第一人者)の教え子も何人かマイクロソフトで働いていて、たった数年で自分の一生涯の給料を越えるくらい稼いでしまう、とちょっと嘆いていた。


● Photo-Mosaicing 関連の参考文献
- Heung-Yeung Shum and Richard Szeliski. Panoramic image mosaics. Technical report, Microsoft Research, 1997.
- David G. Lowe, "Distinctive image features from scale-invariant keypoints," International Journal of Computer Vision, 60, 2 (2004), pp. 91-110.
- Matthew Brown and David G. Lowe, "Recognising panoramas," International Conference on Computer Vision (ICCV 2003), Nice, France (October 2003), pp. 1218-25.
- D. G. Lowe. Demo software: Sift keypoint detector. Technical report, July 2005.
- P. J. Burt and E. H. Adelson. A amultiresolution spline with application to image mosaics. ACM Transactions on Graphics, 2(4):217-236, 1983.
- P. J. Burt and E. H. Adelson. The laplacian pyramid as a compact image code. IEEE Transactions on Communications, COM-31(4):532-540, 1983.

TrackBacks (0) Comments (3)

昨日の夕方4時半締め切りの Haptic Systems 最終レポートを4時31分に提出。・・ちょっと大目に見てもらった。これで今セメスターがようやく終了!これでもう5期目だけど、今まで以上に長く感じたセメスターだった。10月が特に大変で、11月に入ったら少し余裕が出るかなと思ったけど、そこまで劇的には変わらなかった。

宿題とか予習のリーディングに結構時間を費やさざるを得なかったから忙しかったのは確かだけど、モチベーションがかなり低下したのが大きな原因だと思う。サマースクールに参加する前後くらいから(でも厳密に言うと夏休み前から)アドバイザーとの考え方の違いから、どう研究を進めていくべきか困った。そして授業の方もセメスター前に感じたとおり、そこまで自分の研究と関わりがあるとは思えないクラスを、よくわからない理由で取らされ続けた。もう一つのクラスも、なんで自分が履修する必要があるのか、その理由がわからなくなった。

自分の専攻だと、8科目+修論、もしくは10科目修了で修士号が出ることになっている。以前は博士号取得にも授業履修数の要項も盛り込まれていたけど、いまはなくなった。だから、10科目取ればあとは授業は取らなくてもいい。もちろん取ってもいいけど。これまでに9科目取った自分としては、残りあと1科目で十分だった。はじめは、来学期中(もしくは後)に受ける口頭試問のためにと2科目申請したけど、途中で必要性を感じなくなってどちらか落とそうとした。でも結局アドバイザーに説得され、どちらも落とせず履修。確かに両方最後までやってみて面白かったけど、でも途中からどんどんモチベーションは低下。そんなわけで、長い長いセメスターに感じた。

でもずっとこんな調子だったわけではなく、やっぱりちょっと他の人に相談してみると気分的に変わる。こういうとき、一人で解決しようと悶々と考え込むと、負のスパイラルに落ち込むと思う。話しても何も変わらないかもしれないけど、何かきっかけを掴めるかもしれない。これはその昔、院試に落ちたときにも経験済み。ただ、ネガティブ思考の強い人と話すのは解決策には繋がりづらいと思うけど。人生ポジティブ思考が重要です。

そんなわけで、ようやく通過点の修士号をもらえるはず。これから博士号取得までまだまだ長いと思うけど、とりあえずもっとポジティブにいってみようと思う。些細なことも含めていろいろ書きたかったことが溜まってるので、日本に帰る前にできるだけ書く努力をします。

TrackBacks (0) Comments (0)

1ヶ月ほど前からエントリーをアップする際やコメントをつけようとするとエラーが出るようになって、11月末頃には一切更新不能状態に。最近大量に発生したスパムコメント・スパムトラックバックで、データベースがとんでもないことになっていた。ちょうど期末テストやファイナル・プロジェクトの提出が重なって直す余裕がなかったけど、ようやく更新はできるように。細かいところは月曜締め切りのファイナル・レポートが終わってからということで、とりあえずちゃんと生きていますという報告でした。

簡単な近況報告としては、年末年始(12/28~1/10)は日本で過ごすのと、3月末に学会で筑波に行くことになりました。遊んでやってもいい&おごってやってもいいって方はぜひ連絡ください。

TrackBacks (0) Comments (0)

先週金曜日は異常なくらい暖かくて、日中の最高気温が22度くらいはあった。でも今日は一気に冷え込んで、お昼頃はちらほらと雪が舞っていた。今年は気温の変化がかなり激しい。





サンクスギビングが終わると、アメリカは一気にクリスマスモード(厳密に言うと、クリスチャン以外の人のために holiday season モードだろうけど)。学科の事務室もスーパーの飾り付けもお隣さんも、みんなクリスマス仕様。そして、ここら辺で有名なクリスマス・ストリートも、サンクスギビングの2日後に早速照明を点けた。写真に撮ってみるとあまり変わってない気がするけど、去年・一昨年より今年の方がほんのちょっと明るさが増したような気がする。

さて先日、少し離れたコロンビアにある『すし園』というレストランを探していたら、道路沿いに綺麗なライトアップを見つけた。なんだこれは?と思って探してみたら、Symphony of Lights と呼ばれるドライブスルーのクリスマス・イルミネーション。車一台につき$15とちょっと高いけど(ただし収益はすべて病院にいくらしい)、これはかなり凄かった。写真とか動画にその雰囲気を収めようかと思ったけど、これは直接見て楽しむものだと思う。きっと上空から撮らない限り、あの凄さは伝わらない。今年で13周年だそうだけど、友人に聞いたら知ってる人が少なかった。入場料が若干掛かるけど、ここはかなりおすすめです。一つ注意点。行く前に、車の窓の掃除をお忘れなく。

● 関連
2年前に撮ったクリスマス・ストリートの写真
Symphony of Lights from AOL City Guide

TrackBacks (0) Comments (0)