フィラデルフィア


ボルチモアで一番(というか唯一!?)気に入ってるのは、東海岸大都市へのアクセスのしやすさ。車だと、DC までは1時間弱、フィラデルフィアは2時間、ニューヨークも3時間半程度で行ける。アメリカだと車で3〜4時間は『お隣さん』感覚らしいから、ここら辺は十分圏内に当たる。先セメスターまでは授業を取ってたので学期末は修羅場だったけど、今セメは唯一の TA の仕事は終わったし、学期末になって時間にゆとりができたので、この週末に2回目のフィラデルフィア観光をしてきた。

一度目に行ったときはまだアメリカに来たばかりで、夏期英語集中講座のあとの夏休みを利用して、アムトラックで東海岸を回ったときだった。当時は車がなかったので電車だったけど、今回は車で。ボルチモアーフィラデルフィア間は I-95 のみ1本で行けるので、本当に距離÷時速の時間で行けてしまう。

前回、フィラデルフィア市庁舎周辺の洗練された街並が気に入ったけど、今回、以前は回れなかったフィラデルフィア美術館や大学街まで足を伸ばし、緑が豊富で美しい街並がとっても気に入った。特にゴッホのひまわりなどが展示されている美術館、想像してたより遥かに大きくて圧倒された。毎回反省することだけど、美術館とかは時間にゆとりを持って行かないと、もったいない見方で終わっちゃう。

前回は歩きだったので全然気付かなかったのは、車の運転の荒さと道の狭さ。ボルチモアの運転が穏やかなんてとても言えないけど、フィラデルフィアの方が運転が荒かったように感じた。狭い道路が多かったから余計にそう感じたのかもしれないけど。

あと前回も食べたフィラデルフィア名物のフィリー・チーズ・ステーキ、今回は友人Mさんに聞いた、地球の歩き方にも載ってる有名店 Jim's Steaks に行った。着いたらびっくり!まるで日本の有名ラーメン店みたいに人が並んでた。でも、並ぶに値する美味しさで大満足。さすがに毎日食べたいとは思わないけど。

そして今回の目玉の、料理の鉄人・森本正治のお店 Morimoto. ここ目当てで行ったので、$80もするおまかせコース料理を頼んだ。創作和食のオンパレードで、そばのカルボナーラが唯一アメリカっぽい日本食アレンジでいまいちだったけど、その他はどれも半端なく美味しかった。先日、予想外に多く振り込まれていた TA の給料様々でした。ちなみに、日本人スタッフが多いのかと思ったけど、ウェイターはほとんどがアメリカ人、客層もアメリカ人中心。入り口は Morimoto 以外は何も書かれていなくて、事前に知らない限り、何のお店かもわからないし、入ろうとも思えない雰囲気だった。

TrackBacks (0) Comments (2)

0 TrackBacks

Listed below are links to blogs that reference this entry: フィラデルフィア.

TrackBack URL for this entry: http://www.thepath.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/387

2 Comments

東海岸でもそちらの方はいいですね。僕はワシントンもフィラデルフィアも行った事がありません。
美術館へは時間に余裕を持って行くのは僕も賛成です。昔メトロポリタンへ行った時に、時間が無くて半分も回れなかった記憶があります。

当然ながらDCは見所たくさんですが、フィラデルフィアもいいですよ!
去年パリに行ったときルーブルにも行きたかったんですが、2〜3時間程度しかなかったので諦めました。次回パリへ行ったときへのお土産と思ってたんですが、予想外にも今年の夏に達成できそうです。メトロポリタン美術館も相当広いらしいですね。なんでも3日ほど楽しめるとか。。

Leave a comment