ボルチモア → ミュンヘン

今回利用したのは US Airways. 周りの人の経験も含めて、一番使いたくなかったところ。でも、そこが最安価格とのことで仕方がない。そして結果、ボルチモアからフィラデルフィアは30分遅れ、フィラデルフィアでは飛行機の中で2時間待機と、期待を裏切らないサービスを提供してくれた。まぁどこの航空会社でも遅れるから慣れてきたけど。


ミュンヘンの空港には、今回の研究留学プロジェクトを一手に引き受けてくれている、ミュンヘン工科大の先生(ダリウス)が迎えに来てくれた。2年前までホプキンスにポスドクとして来ていて、現在はミュンヘン工科大で准教授をしている。遅れる旨をフィラデルフィアの飛行機内から友人を通して知らせておいたので、まさにぴったりの時間に空港に迎えに来たとのこと。今回の留学プロジェクト、ホプキンスから7人もの学生が来ていて、みんな US Airways の便をそれぞれの希望日で取っているけど、時間通りに来たのは一便もないとのこと。帰りも US Airways なんだけど。。。

お昼過ぎにミュンヘン到着、そのまま車で学生寮まで送ってもらった。アウトバーンを走るので、時速は無制限。通常、ダリウスは時速250kmで走るとのこと。だから、合流地点や出口など常にスピードメーターを注意深くチェックする必要がある。例えば時速150km分落としても、結局時速100kmで走ってることになる。それにしてもさすがドイツ車、スピード出してもとっても安定してた。

寮の部屋は思っていたよりも広い!各人に個室が与えられて、キッチンとバスルームは共用。家具も調理器具も一通り揃ってるし、トイレも2つある。ただ一番の不満は、インターネットが使えないこと。これはちょっと致命的。早く開通するといいんだけど。

寮に送ってもらった後は、既に着いていた友人らとミュンヘンの中心街 Marientplatz(マリエン広場)まで出掛けた。Viktualienmarkt(ヴィクトアーリエンマルクト)という野外市場でソーセージやサンドイッチを買って、早速ビールで乾杯。噂に聞いていた通り、ミュンヘンでは昼間っからみんなビールを飲んでいた。というか、ほんとにそこら中にビアガーデンばっかり。

少し市街地を散策した後、自転車ストアへ。ここミュンヘンでは、通常の歩道に自転車用と歩行者用の道がある。それくらい自転車がとっても普及してる。先に来た友人は€39で中々の自転車を買ってたので、€50くらいでいいのがあれば買うつもりだった。夏なら通学にも使えるから定期券代が浮くし。でも安いのはブレーキがなかったり、フレームが曲がってるのばっか。それでも売られてるってことは、ある程度需要があるのかもしれない。

その後、近くのスーパーマーケットへ。ALDI という激安チェーン店らしいんだけど、ほんとにびっくりするくらいの安さだった。アメリカだったら$40〜$50くらいする買い物で、なんと€15!ミュンヘンは他のドイツの都市に比べると物価が高いらしいけど、それでこの安さってのはちょっと信じがたい。一つ面白かったのが(ALDI だけかもしれないけど)、買い物カゴがない。その代わり、品物用の空き箱でみんな買い物してた。

そんなこんなで、先に来てた友達のおかげで結構充実した一日が終了。まったく新しい土地に行って、知り合いがいるってのはやっぱり心強い。

TrackBacks (1) Comments (2)

1 TrackBacks

Listed below are links to blogs that reference this entry: ボルチモア → ミュンヘン.

TrackBack URL for this entry: http://www.thepath.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/391

2 Comments

250kmというのは乗っていてどういう感じですか。。。200kmまでは出したことあるんだけど。(超超過スピードは人生でこの一回だけです。普段は安全運転です。ご心配なく。。。)

一気に加速したわけではなかったので、なんだか気が付いたら時速250kmになってました。確かにかなり速いとは感じましたけど周りも速かったので、相対速度的にはそれほど差がないのかもしれません(笑) それでも、さらに恐ろしいくらいのスピードで突っ走っていったのもいましたが。。。

Leave a comment