ナポリ&カプリ島

Today's Pasta

Seafood Pizza

Blue Grotto

DSC_1244.JPG

DSC_1261.JPG

ナポリと聞いたら燦々と照り輝く太陽と青い地中海の優雅なイメージが思い浮かぶ、・・のは自分だけだろうか。少なくともそういうイメージを持って初めて行ったイタリア。待ち受けてたのは、・・・ゴミの山だった。これは帰ってきてから知ったことだけど、いまナポリはゴミ問題で大変なことになっているらしい。

- CNN.co.jp: 米国が自国民にナポリなどへの旅行「警告」、ゴミ問題で
- イタリアよもやま話: ナポリの惨状
- イタリア関心空間: ナポリのゴミ問題

でもゴミが片付いても、ナポリはまるで発展途上国みたいに感じるかもしれない。とりわけ中央駅周辺の交通渋滞はものすごくひどくて、特にバイクは無秩序に走っている状態。ちょっとでも隙間があれば接触すれすれで突っ込んでいく。歩行者も歩行者で信号なんてまったく無視、すごい交通量でもてくてくと歩いていく。自分の中のイメージだと、まるで東南アジアのどこかの国みたいな感じだった(バリしか行ったことないけど)。イタリアはあまり治安がよくないらしく、特に南に行くと悪くなるそうだ。ホテルの人にはカメラを手に持って歩かないように言われた。だから荷物の管理や不審な人には常に気を配り、結構神経をすり減らした。

とは言っても、場所によっては綺麗にナポリの街並みが見られるし、何といっても食べ物(特にピザ!)は本当に美味しかった。そして大して下調べもせずに行ってしまった青の洞窟、知り合いからの評判はいまいちだったけど、とっても綺麗だった。振り返ってみると、ちょっと交通費が高かったかなとは思うけど。

以下、いくつか観光情報。
● 空港から市街地へ
市内バスを使えば中央駅(Piazza Garibaldi)まで1€で行ける。切符は空港内の雑貨屋で購入できる。ムニチーピオ広場まで行きたいときは、市内バスで中央駅まで行って乗り換えるか、ALI BUS を使えば直接行く。市内バスなら切符が90分有効だから1€、アリバスだと3€。でもムニチーピオ広場まで行きたいときは、初めてだとかなりわかりづらいから、アリバスの方がいいと思う。

● ナポリ → カプリ島
ベヴェレッロ港(Molo Beverello)からカプリ島まで船で行くのが一般的。注意するのは、それぞれの便ごとに運行会社が違うので、その運行会社のチケット売り場で切符を買う必要があること。高速船は16€(きっと会社ごとで多少前後)で約40分掛かる。

● カプリ島 → 青の洞窟
船が着いたマリーナ・グランデ港から青の洞窟行きの小型船が出ている。他にはバスでの行き方もあるらし。船の場合、カプリ島を一周(?)する経路だと13€、青の洞窟直通の場合は10€。

● 青の洞窟前 → 青の洞窟内
小型船から直接手漕ぎボートに乗り換える。海上だから、あんまり小綺麗な服装だと大変かも。青の洞窟への入場料は一人9€。それとは別に、青の洞窟から出てきた後に、手漕ぎボートの船頭さんにチップを渡す。相場は(このサイトによれば)予想以上に小額でも十分っぽい。ちなみに水着を着ていけば、青の洞窟内で泳げる。というか、泳いでた人がいた。

● カプリ島
ほとんど下調べができずに行ってしまったので、青の洞窟を見るためにはギリギリの時間帯(マリーナ・グランデ港発が15:30〜16:00)になってしまい、ほとんど島の観光はできなかった。でも、朝早くナポリを出発してカプリ島をゆっくり見て回る方がきっといいと思う。いつ青の洞窟に入れるかもわからないし。大きくはない島だけど、半日〜一日ぶらっと回る程度の大きさはあると思う。


旅行で困ることの一つはチップ。相場がわからないと、多すぎるのか少なすぎるのかさっぱり検討もつかない。ちなみにフランスはチップはなしでも構わない(というか含まれている)とフランス人に言われた。ドイツは端数を切り上げる程度で十分。アメリカは昼なら10〜15%、夜なら15〜20%くらい。でも、イタリアはどんな感じなのかまったく未知だった。先の青の洞窟の船頭さんへのチップも相場がわからなくて本当に困った。行く先々のレストランで、「サービス料は入ってませんからね」と念押しされて困ったけど、基本的にほとんどなしでも構わないっぽい。こういうのは旅行ガイドの『10%程度』を鵜呑みにするより、現地に住む人に習うのが一番だと思う。でも、チップのそもそもの定義を考えたら、まぁもっとフレキシブルでもいいと思うけど。

ナポリはピザの発祥地で基本的にどこでもある程度美味しい。しかも安い(でっかいピザ1枚4〜7€)!レストランに関して、地球の歩き方には良いお店と提携してるお店が出ている気がする。ヨーロッパ編のナポリには2店舗だけ載っていて、一方は本物のお店、もう一方は日本人と韓国人しかいなかったので、思わず素通りしてしまった。。。入ったら美味しいのかもしれないけど。ちなみにピザの食べ方は、日本だと6等分とかにして手で食べるのが一般的だと思うけど、イタリア(ミュンヘンも)ではナイフとフォークで好きな大きさに切って食べていくのが一般的らしい。


ナポリ&カプリ島の写真一覧

TrackBacks (0) Comments (0)

0 TrackBacks

Listed below are links to blogs that reference this entry: ナポリ&カプリ島.

TrackBack URL for this entry: http://www.thepath.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/405

Leave a comment