August 2007 Archives

DSC_2802.JPG

そして、無事ボルチモアに帰ってきました。

TrackBacks (0) Comments (0)

週末は、昨年のサマースクールで出会って今年の World Haptics で再会した友人Gを訪ねて、オランダ・アムステルダムへ。この夏の3ヶ月間でドイツを含めて実に6ヶ国も行ったことになる。文化交流も兼ねていたとは言え、最近の日記からわかるように、ちょっと遊び過ぎた気がする。。。現在の心境を表すと、まさにこんな感じ。

phd090406s.gif

さて、アムステルダム行きの飛行機の中で地球の歩き方を眺めてたときに気付いたけど、ひょっとしたらビザの問題が生じるかもしれないことが判明。もちろんドイツに来る前にビザのことは一通り調べたけど、少しややこしくなってきた。

<注> 検索等で辿り着いた方、査証のことは一次情報を使ってご自分で調べて下さい。以下は、あくまで現在自分が陥っている状況です。

まず日本国籍所有者の場合、ドイツ入国前にあらかじめビザを取得する必要はない。ビザが必要な場合、入国後に滞在地の外国人局で申請できるとのこと。また、今回の滞在は、ミュンヘン工科大からは給料をもらっていない。ホプキンスの教授が獲得した研究留学のための資金から賄われているので、ドイツで労働していることにはならない。さらにこっちで授業を取っているわけでもない。ということで消去法でいって、この夏の3ヶ月間は観光目的の滞在になっている。

観光の場合、最大90日までビザ無しで滞在できる。91日を越える場合、延長申請をする必要がある。自分の場合、6/2に入国して8/29に出国予定なので、89日間の滞在となる。つまり、ビザは必要ない。これが今までの認識だった。

ところが、このビザのことを調べたときと状況が少し変わって、10月中旬に1週間ほどフランス・イタリアへ行くことになった。これがちょっと問題になるっぽい。

ヨーロッパの一部の国では、共通の出入国管理などを扱うシェンゲン協定という取り決めがある。これはEUとは別で、26ヶ国が調印して現在15ヶ国で施工されているとのこと。シェンゲン協定国間を移動するときは、入国審査をせずに移動できるメリットがある。

一方、シェンゲン国以外の国民は、該当地域内の滞在期間が6ヶ月間で90日以内に制限されている。つまり、今回のドイツ滞在はまったく問題がないけど、今度フランス・イタリアへ行くときに問題になる可能性がある。ビザ無しで90日を越えると、多額の罰金を請求される(そもそも、入国できない?)可能性があるとのこと。

そこで昨日、慌てて KVR というところの外国人局へ行ってきた。 延長申請をもらえるかと思ったら、・・・追い返された。あちらの言い分としては、ドイツに滞在中は90日を越えるわけじゃないから、90日を越える国で延長申請をして下さい。だからウチは関係ありません、と。なんかまさにドイツっぽい対応。。。

そんなわけで、ここでは申請が厳しそうなので、アメリカに帰って該当国の大使館にて申請する必要がありそう。なおさら厄介そうなのが、ポーランドはシェンゲン協定には入ってなくて、この前クラクフに行ったとき、金曜発で日曜帰りだったため、物理的にシェンゲン国にいなかったのは1日。よって、89-1=88日間滞在していることになる。フランスは2〜3日間滞在予定なので、もし2日間だけだったとしたら、フランスじゃなくて次のイタリアで申請する必要があるかもしれない。。。まぁDCに行けば大使館がたくさんあるから、それを巡り巡ればいいだけなんだろうけど、あぁなんでこんなに面倒くさいのか。

● 参考
- ドイツ大使館:ビザについて
- Visa for entry into Germany(英語)
- 在ミュンヘン総領事館

TrackBacks (0) Comments (0)
DSC_1777.JPG

DSC_1750.JPG

DSC_1752.JPG

DSC_1763.JPG

DSC_1765.JPG

Candles for Peace at Auschwitz II-Birkenau

Bombed Gas Chamber

DSC_1793.JPG

DSC_1795.JPG

the way it used to be...

DSC_1805.JPG

初めてアウシュヴィッツの名を聞いたのは、きっと学校の歴史の授業だと思う。はっきりとは覚えてない。はっきり覚えてるのは、留学前の2003〜2004年に放映された白い巨塔を見て、思い出したかのように本や映画を見始めたこと。でも渡米後、この熱はパタッと止んでしまった。新しい生活を始めたこともあって、一気にほとぼりが醒めたような状態になってしまった。数年が経過し、アウシュヴィッツに再び心が向くようになったのは、今年の夏の研究留学が決まったとき。せっかくドイツへ行くのだから、お隣ポーランドにあるアウシュヴィッツにはぜひ足を伸ばしたいと思った。

とは言え、ヨーロッパ内の航空券が安い中、ミュンヘンからアウシュヴィッツ最寄りのポーランド・クラクフへの航空券は他と比べると高かった。気が付けば8月に入り、ミュンヘン滞在も残り1ヶ月。毎週水曜に売り出されるルフトハンザの格安航空券で、ミュンヘンからロンドン・ブリュッセル・プラハへの往復88€チケットを見つけた。今度の週末はどこへ遊びに行こうかと迷っていたとき、まだ見ぬアウシュヴィッツの地が気になって仕方なかった。そして気が付いたら、クラクフ行きのチケットを買っていた。


8月10日金曜早朝、ポーランドはクラクフへ降り立った。アウシュヴィッツはドイツ語名で、ポーランド語名ではオシフィエンチム(Oświęcim)というそうだ。もちろんアウシュヴィッツと言えば通じるけど、ポーランド人はそう呼ぶのを好まないらしい。

空港からオシフィエンチムに行くには、バスか電車でクラクフ中央駅(Kraków Główny)まで移動し、中央駅裏のバスターミナルからバスか電車で行く。空港から中央駅までは約20分、中央駅からオシフィエンチムまでは約1時間半。ちなみにオシフィエンチムへ行くには、バスの方が30分毎くらいに出て本数が多いし、直接ポーランド国立オシフィエンチム博物館(以下、博物館)前に到着するので、電車よりバスの方がアクセスはいいと思う。

ちょっと調べればわかるけど、博物館には唯一の日本人公式ガイドの中谷剛さん(メールを送る際は、_AT_ を @ に、_DOT_ を . に書き換えて下さい)が働いている。本当に行く直前に連絡を取ったけど、運良く金曜午後は空いているとのことだったので、案内をお願いした。予約を確保したければ、少なくとも2週間前に連絡した方が良い、と博物館のウェブサイトには書かれている。

空港から中央駅経由で直接行ったので、博物館には11時頃に着いた。駐車場には団体用のバスがずらっと並び、インフォメーションセンターには多くの人が溢れ返っていた。別にみんな騒いだりはしゃいだりはしていないけど、それでも予想していたのとは違う雰囲気だった。インフォメーションセンター内で日本語のガイドブックを購入し、11時半から英語で上映されていた短編記録映画を鑑賞。20分程度だと思う。中谷さんのツアーにはこの記録映画は含まれていないと思うので、案内の前後に個別に見ることをお勧めします。英語がわからなくても、映像を見るだけでもある程度わかるし、雰囲気が十分伝わる。

ガイドブックと記録映画はほんの少しだけお金が掛かるけど、博物館自体は入場無料。後から中谷さんに伺ったけど、これは多くのユダヤ人にとってはお墓参りだからだそうだ。実際、至る所でユダヤ人の団体を見掛け、追悼の儀式を行っていた。ただし無料の代わり、全部でアウシュヴィッツに3つあった強制収容所のうち、維持費の関係から第三アウシュヴィッツ(モノヴィッツ収容所)は取り壊されたとのこと。一般的に知られているのが第一アウシュヴィッツ(アウシュヴィッツ収容所)、第二が電車の終着点&ガス室が有名なビルケナウ収容所。規模で言えば、第一は28棟のバラックがあるのに対して、第二には300棟を超えるバラックがあったそうだ。

記録映画を見た後、近くのレストランで昼食を済ませた。それでも集合まで時間が余っていたため、第一場内を少し歩き回ってみた。ダッハウ強制収容所に行ったときも感じたけど、晴れていたこともあり、ここで60年前に大量虐殺が行われたとは到底考えられなかった。そしてダッハウと同じように、ポプラ並木があった。戦後に追悼の意を込めて植林されたかと思っていたけど、少なくともアウシュヴィッツでは、当時囚人に植えさせたそうだ。

いくつかのバラック内は展示場になっており、当時の囚人から奪った衣服、かばん、靴に始まり、切り取られた髪の毛の山まであった。没収された一部のみだけど、それでもとてつもない数が展示されていた。数字よりも、実際に見た方が遥かに圧倒される。でも、不思議と全く実感が湧かず、自分とはほど遠い世界に感じてしまった。中谷さんのツアーが始まっても、なんだか全然ピンと来なかった。ツアー同行者に家族連れ(<注> 中谷さんのガイドを希望する場合、対象年齢は14〜15歳以上とのことです)の方がいて、中谷さんが小さな子供にもわかりやすく説明していたというのもあったと思うけど、なんだか別世界のこととしか感じられなかった。現実離れし過ぎていて、逆に理解できなかったのかもしれない。

それが少し変わったのが、アウシュヴィッツからビルケナウへ移動した後。アウシュヴィッツは博物館として作り替えている部分があるのに対して、ビルケナウは極力手を加えないようにしているそうだ。昔の姿をありのままに残すことで、より当時の雰囲気を知ってもらうためだろう。ビルケナウはとにかく広大だった。その面積は1.75平方キロメートル(約53万坪)、東京ドームで約37.4個分。これも数字ではなかなかピンと来ない。実際、時間の制約で敷地の約1/3弱しか歩けなかったけど、それでなんとなく大きさを想像できた。そんなに大きいのにも関わらず、ビルケナウは未完成だったそうだ。

アウシュヴィッツのバラックと比べると、ビルケナウのそれは明らかに粗末な造りだった。最初はレンガ造りだったのが、時間と工費節約のため、途中からは木造バラックになった。その一方、バラックに収容できないくらい多くの囚人が運び込まれたため、多いときにはあの死の門をくぐって汽車を降りた約75%の人がそのままガス室送りになったそうだ。ビルケナウのバラックに入ると、まるで時間が止まっているかのように感じられた。

中谷さんのガイドは、事前に他の参加者の感想で読んでいた通り、淡々とした口調で客観的な視野で語られる。最初から最後までひたすら語り続けるスタイルではなく、これを見てあなたはどう感じるか、なんでこんなことが実際に起きたのか、同じ過ちを繰り返さないために我々はどうするべきなのか、そういうことを考える機会を与えてくれる。普段なかなかできないことだからこそ、少なくとも見学中は深く考えるべきなんだろう。

今回アウシュヴィッツを訪れたいと思ったもう一つの理由に、昨年末に隣の研究室のユダヤ人友達が発した一言があった。何らかの弾みで戦争の話に夢中になっていた彼は、「日本人もナチスも一緒だよ」と言ったのだ。彼は私がいることに気付いていなかったし、何気ない会話の中から出た一言だった。でも、だからこそとても気になったし、余計に深く考えた。

今年の正月、靖国神社の遊就館や鹿児島・知覧にある知覧特攻平和会館を訪れた。ミュンヘンに来てからは、ダッハウ強制収容所、ニュルンベルクにあるナチス党大会会場、そしてアウシュヴィッツを訪れたけれど、それでもなぜ日本やドイツがあのような狂気の沙汰に傾倒していったのか、まだよくわからない。どうすれば、このような悲劇が二度と起こらないようになるのか、それも明確にはわからない。ただ、アウシュヴィッツを訪れたことで、また中谷さんのツアーに参加したことで、改めてそういうことを考える機会が得られた。そういう意味で、アウシュヴィッツまで実際に足を運び、真剣に考えることは非常に価値があると思う。

博物館を訪れる人は年間約100万人にのぼるそうだけど、日本人訪問者は7,000人くらい、つまり全体の0.7%ほどにしか満たない。確かにわざわざ日本から高いお金を払って、バカンスとは程遠い地を訪れるのは気が引ける。ヨーロッパにはもっと見どころがたくさんあるし、実際のところ、自分もミュンヘンに滞在していなかったら、わざわざアメリカ・日本から訪れようとはしなかっただろう。でも、何かのきっかけで近くへ行くチャンスがあれば、ぜひ訪れてみて欲しい。実際に行って、見て、感じて、そして考える機会を得て欲しい。そうすることで、これからの明るい未来を築くヒントが得られればと思う。

ちなみに個人的なお勧めとしては、午前中にガイドの案内で一通り見て回った後、午後に改めてじっくり見るのがいいと思う。展示されている資料に目を通そうと思うと、かなり時間が必要だと思う。あと、最寄りの都市クラクフは日本で言えば京都みたいなところ、ポーランドの古都である。やっぱりアウシュヴィッツだけじゃもったいないので、クラクフの素敵な中世の雰囲気や、近くの世界遺産・ヴィエリチカ岩塩坑とかもぜひ楽しんで下さい。

● 参考
- 国立オシフィエンチム博物館公式ウェブサイト
- アウシュヴィッツ=ビルケナウ強制収容所
- アウシュビッツ徹底ガイド
- クラクフ中央駅からオシフィエンチムまでの電車時刻表
- 中谷さんから頂いたクラクフーオシフィエンチム間の移動方法(PDFファイル)
- 中谷さんの著作2冊:

ホロコーストを次世代に伝える―アウシュヴィッツ・ミュージアムのガイドとして (岩波ブックレット)
ホロコーストを次世代に伝える―アウシュヴィッツ・ミュージアムのガイドとして (岩波ブックレット)中谷 剛

岩波書店 2007-10
売り上げランキング : 188829

おすすめ平均 star
star簡単に、エッセンスだけなんで、ホロコーストについては、他にも読まれたい
star人類が決して忘れてはならないこと

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



アウシュヴィッツ博物館案内
アウシュヴィッツ博物館案内中谷 剛

凱風社 2005-05
売り上げランキング : 48657

おすすめ平均 star
star便利で有益なガイド・ブック
starわかりやすいガイドブック
star訪れてみて・・・

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

● 旅行の写真
- 国立オシフィエンチム博物館
- ヴィエリチカ岩塩坑
- クラクフ

TrackBacks (0) Comments (0)
baltimore_091.jpg

ミュンヘンはとっても治安が良い。女性でも夜の一人歩きができるだろうし、浮浪者もほとんど見ない。昨日お会いした日本人の方の情報によると、Sendlinger Tor 近くはちょっと危ないそうだけど、でもそれを考慮しても、アメリカでも有数の治安の悪いボルチモアとは全然大違い!

そう言うと、じゃあボルチモアってどれくらい危険なの?って訊かれる。先週、ホプキンスからの友人たちとボルチモアの治安が話題に上ったとき、2007年だけで既に180人以上も殺されているという話が出た。しかもそのうちのほとんどが銃犯罪。このペースは、ボルチモアではほとんど毎日一人が殺されていることになる。。。ちょっと古い資料だけど、マイケル・ムーアの Bowling for Columbine のデータ(2002年頃)によると、銃犯罪で亡くなった人の数は、
------------------------------
- アメリカ:11,127人
- ドイツ:381人
- フランス:255人
- カナダ:165人
- イギリス:68人
- オーストラリア:65人
- 日本:39人
------------------------------
となっている。つまり年間で考えると、ボルチモア市だけで、フランスとドイツの間に割り込むことになる(改めて見ると、ドイツが結構多いのにびっくり)。

あまり知られてないかもしれないけど、首都ワシントンD.C.周辺も結構治安が悪い。そんなメリーランド州とDCの状況をまとめているウェブサイトがあって、Google Maps を利用してどこで事件が起きたかを表示している。これを見ると、事件が起こるのは特定の地域(そしてアフリカン・アメリカンの被害者がほとんど)なので、基本的にこういう地域のそばに寄らなければいい。とは言っても、やっぱりこういうのを見るとげんなりする。。。

● 参考
Baltimore City Paper: Death Watch

TrackBacks (0) Comments (0)

アルプス山脈に近いためか、ミュンヘンの天気はとっても変わりやすい。最近、自転車通学に切り替えたけど、雨がいつ降るかわからないのでちょっと困る。でもなんとなく、そろそろ降りそうかな、どれくらい降りそうかなってのは、空の色と勘でわかってきた。ちなみに今日の時間別天気予報では夕方4〜5時が雨の予報だった。本当にきっかり1時間だけ降って、いまは空が明るくなってきた。

ところで航空券を買いたいとき、最近は Kayak, BookingBuddy, SkyScanner など色々なところで一気に検索できて便利になった。そういう値段比較サイトを使って見つけた一番安い運賃、でもこれが果たして明日になったら上がるのか下がるのか、それはなかなかわからない。少し待ってみようと思ったら、値段が上がっちゃったってのはよくある話。天気みたいに予報があればいいのにな〜と思ったら、ちょっと情報が遅いのかも知れないけど、Farecast という航空運賃予測サイトがあった。まだサービスがアメリカ国内75都市程度に限られているそうだけど、これはかなり便利そう。同社のブログも役立ちそう。そしてこういう予測は、やっぱり高度な数学に基づいているそうだ。

Japan.Internet.com というところで Farecast が紹介されてるけど、この2つを読むと、ちょっとだけ航空運賃設定の情報がわかって面白い。
- 航空料金が安くなるタイミングを予測する
- 航空料金を予測する Farecast、サービスを拡大

TrackBacks (0) Comments (0)