暖房とガス代

こっちに帰ってきたとき、なんか以前よりも自分の部屋が寒く感じた。そもそも自分のメインルームには大きな窓が2つあって、未だに断熱材の組み込み作業が終わってないからもともと少し寒いんだけど。でもそれを考慮してもちょっと寒かった。ちなみに壁にあった大きな穴(家をリフォームしたときから空いたままだった)は、Home Depot でちょっと厚め&大きめのベニヤ板を買ってきて、他の壁と同じ色に塗って打ち付けた。これで去年より少しは暖かいはずなんだけど。どうやら自分の部屋の暖房が正常に稼働してなかったらしい。

アメリカのはこんな感じの暖房が一般的で、この鉄パイプに熱湯を流して室温を調整する。一般的な作りだと、地下室にボイラーがあることが多いみたい。今ごろブラジル沖のどこかで水中ロボットの実験をしているオーナーのSに訊いたら、暖房の脇に付いている小さなノブを回してみろとのこと。お湯を流すので、鉄パイプ内に空気が入ると上手く対流しない。ノブを回して蒸気が出てきたら、その空気を全部抜けばいいそうだ。まさにその通りで、蒸気を抜いたら以前のように戻った。

ボルチモアに戻ってきてから学会論文の締め切りで忙しかったので、そもそも暖房が効いてる時間は家にいなかった。暖房を直すのも後手後手になってたけど、12月の電気・ガス代を精算するのも後回しになっていた。こちらはセントラルヒーティングで常に暖かいのが一般的で、我が家の場合みんながいる時間帯は20度、昼間・深夜は15〜16度程度に保たれている。これまでいたアパートはもっと設定温度が高くて、半袖にならないと暑いくらいだった。でも一軒家なので常に省エネ(というか低料金)を心掛けている。12月は誰も家にいない期間が2週間弱あったからまぁ安いだろうと思ってたんだけど、請求書を見てびっくり!なんと11月の1.5倍にもなっている!去年はここまで高くなかったと思うんだけど、もしかして燃料費が上がったから?12月はハウスメイト3人で割っているけど、1月は実質オーナーSが不在なので、残りの2人で電気・ガス代を割ることになりそう。となると、ちょっと今月の諸経費はとんでもないことになりそう。。。

P.S. 年末年始に実家へ帰ったとき、両親が毎朝一生懸命窓拭きをしていて気が付いたけど、こっちでは結露を見たことがない。夜間でも15度程度に保ってるから、室内の水蒸気が飽和しないのでは。というか、来年は窓掃除します。。
参考:結露はなぜ起こる

TrackBacks (0) Comments (0)

0 TrackBacks

Listed below are links to blogs that reference this entry: 暖房とガス代.

TrackBack URL for this entry: http://www.thepath.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/434

Leave a comment