January 2009 Archives

もう半月も前の話だけど、以前参加したサマースクールと同じような趣旨で、医療画像・ロボット系のウィンタースクールが、ホプキンスで開催された。これにはちょっとトリック(?)があって、今までに何度か紹介している、NSF 出資でホプキンスを中心とした医用工学グループ ERC CISST (Engineering Research Center for Computer-Integrated Surgical Systems and Technology) の卒業行事も兼ねて、CISST の主要メンバーを中心に開催されている。ウィンタースクールは1/12〜16の1週間のスケジュールで、そこへ CISST の卒業記念パーティーが月曜に組み込まれていた。確かに世界中を見渡しても、これほど大規模で多岐にわたる医用工学グループというのはないように思う。だから ERC CISST がこの10年間で果たしてきた役割は非常に大きなものであるのは確か。でも同時に、少しバイアスが掛かったウィンタースクールであったのも確かだと思う。

さて、月曜のセレモニーは、他大学の CISST 関係者や NSF の査察団はもちろんのこと、医療業界の大御所たちも駆けつけ、一大イベントになった。午前は、1998年にスタートした ERC CISST が10年間でやってきたことのプレゼンテーションが中心で、午後は、ジョンズ・ホプキンス病院から学部長たちや Intuitive Surgical 社の社長などが講演をして、そしてパネルディスカッション。最後は ERC CISST の学生たちによるポスター発表。アカデミア・産業界・医師・エンジニアのそれぞれの大物が繰り広げるパネルディスカッションをとても楽しみにしていたけど、進行がスムーズではなかったのと、時間が非常に限られていたのとで、期待していたほどの討論が聞けなかったのは残念。

びっくりした(でも同時に、そうかもしれないと納得した)のは、いわゆる医療ロボットを販売している企業は世界中で26社(25社かも?)あって、そのうち現在黒字経営なのは Intuitive Surgical 社だけだそうだ。同社の保有する特許数(アメリカ国内で140〜200件、国外で60〜90件)を考えると、まだまだ一人勝ちの状況は続くと思う。ただ、以前は消極的だったオープンソース化に、同社が最近前向きに考え始めた状況を考慮すると、近い将来状況はもう少し変わるかもしれない。ちなみに少しデータが古いけど、2007年決済で、同社の収入は約600万ドル(600億円)、純利益は約144万ドルだそうだけど、遠隔操作医療ロボット da Vinci の開発・治験等に集めた約500万ドルの投資金はまだ返済中だそうだ。

TrackBacks (0) Comments (2)

Windows から Mac へ移行したとき、一番困ったことの一つが写真管理。それまで Windows では、Google が無料で提供する、Picasa という写真管理・編集ソフトを使ってたけど、その当時 Mac 版は存在しなかった。そのため、Parallels + Picasa という組み合わせをしていた。去年末には Mac 版が発表されるとの噂があったけど、ようやく満を持して Mac 版の登場!まだβ版で英語だけみたいだけど、これは Mac ユーザー(特に最近 Windows から移行した人)にとってかなり嬉しいニュースだと思う。

よく Picasa を使ってない人に言うのは、「騙されたと思って使ってみな」。これほど直感的で簡単かつ便利なソフトウェアは少ないし、それが無料提供されてるのがすごい。ちなみに自分は、去年から Adobe Lightroom を使い出したのでそこまで大きくは関係ないのだけど、今まで写真共有をするとき、Windows ユーザーには Picasa Web Album で簡単に渡せたけど、これからは Mac ユーザーにも同様にできるのが便利。

というわけで、まだ使ったことのない方、騙されたと思ってぜひ使ってみて下さい。

TrackBacks (0) Comments (0)
Japanese New Year Food (Osechi Ryori)

明けましておめでとうございます。今年は4年ぶりにアメリカでの年越し。少しでもアメリカの味気ない正月を紛らわせようと、大晦日は、エリコット・シティーの友人宅にて年越しパーティーとお節料理品評会。インターネットで見られるはずの紅白歌合戦は、世界中に散らばった日本人がダウンロードしようとしたためか、転送速度4.5KB/s(!)でダウンロードに68時間も掛かるとのことで断念。。。翌日の元旦には、DCのお隣、アレクサンドリアに住むNさん宅にてお節料理をご馳走になった。やっぱり元日に正月料理と日本酒は最高です。その夜は、大学の友人たちと一緒に夕食。それぞれでお正月気分を味わえたけど、それでもやっぱり家に戻ってくるとなんだか物足りない。とは言っても、既にサンクスギビングとクリスマスで休暇気分を堪能してるわけだから、お正月までゆっくりすると休みすぎに違いない。

さて、自分へ喝を入れるためにも、今年の目標を公開すると、
(1) 2010年5月の卒業式を目標に計画を進める。5月の卒業式に出るためには、4月上旬までに博士論文提出。そのためには、遅くとも3月中旬までにはディフェンスを終える。となると、今年中には博士論文の研究内容に目処をつけておきたい。
(2) 卒業後の進路をもっと具体的に考える。最近は、普通の企業就職はもちろんのこと、企業の研究所にも興味が湧いてきた。どこの国で働くか、どんな業種に関わりたいか、もっと具体的に考える必要あり。あともう一つ重要なのは、経済状況を把握すること。
(3) 『自己紹介』に20代後半の目標として書いたのに、すっかり忘却の彼方に行ってしまった、「プチマッチョの達成と維持」の実践。実質3ヶ月しかないから、達成がゴール。

昨年はかなり更新頻度が落ちてしまった。数えてみると、1年間でたったの34エントリー。。。留学当初のような毎日更新とまではいかなくても、少なくとも週に1〜2回は更新できるようにしたいところ。不定期更新ですが、今年もどうぞよろしくお願いします。

TrackBacks (0) Comments (0)