ダイアログ・イン・ザ・ダーク (DID)

自分の研究テーマが、触覚や力覚を扱うハプティックスのため、触覚・力覚はもちろんのこと、聴覚、視覚の役割に関しては、何気ない日常生活の中でも、おそらく普通の人以上に考えていることが多いかもしれない。でも、それはあくまで若干意識している程度であって、しかも残りの五感である嗅覚や味覚は大して活用されていない、・・とダイアログ・イン・ザ・ダークに参加して感じた。

先日の日本滞在中の経験で鮮明な記憶として残っていることに、ダイアログ・イン・ザ・ダーク(以下、DID)が挙げられる。公式ウェブサイトによれば、DID は「まっくらやみのエンターテイメント」だそうだ。完全予約制で、1グループ8名まで。会場は、何時間経っても目が決して馴れることはないであろう、完全な真っ暗闇。その中を、アテンドと呼ばれる視覚障害者のサポートのもと一緒に歩き回り、様々なモノを、視覚以外の五感を最大限に使って感じ取る。

・・と書いても、一体何をするのかまったく想像がつかないかもしれない。まず、真っ暗闇なため、本当に何も見えない。どうやって真っ暗闇を作っているか知りたいくらい、目のすぐ先ですら見えない。だから、アテンドが、「こっちに行くよ〜」と言っても、どっちだかわからない。しかも、下は安全な平地なのか、それとも小川が流れてるのか、まったくわからない。それを、文字通り手探り状態で恐る恐る突き進む(白杖は最初に渡される)。このとき、何かを発見するのは、触覚による部分が大きく、そして聴覚や嗅覚で確認することができる。目では見えないから、他の感覚器を使って、補って感じ取る。そして、何かを見つけたとき、同じグループの仲間と会話することで、情報を共有してゆく。会話をしないと、何かを発見したときの喜びを共有することもできないし、真っ暗闇の中を快適に過ごすこともできない。暗闇の中じゃ空気を読むこともできないし、話さないと、誰がどこにいて、どんなことを感じているのか、まったくわからない。ちなみに、ここまでの話に出てきていない味覚を感じるイベントも、この DID にはしっかりと組み込まれている。本当に良く練られた、「まっくらやみのエンターテイメント」だと思う。

この真っ暗闇の探検が始まる前に、明るいところでメンバー同士、自己紹介をするのだけれど、暗闇の中で過ごす時間の方が長いため、そのときの記憶よりも、真っ暗な中でのその人の口調や態度によって、自分の頭の中で、この人はこんな感じなのかな、という想像が膨らむ。ところが、一度終了して明るみに出ると、「あれ、なんか想像したのとは違う人だった」と思うかもしれない。それは、それまでに視覚以外の情報を最大限に使って作り上げたその人の像が、視覚情報によって一瞬にしてかき消されるため。それほどにまで、ある情報における視覚の占める割合は大きい。もちろん、それが良い場合もある。でも、ときには、視覚以外の感覚器から成る「心の目」を使って、物事を見ることも必要だと思う。特に、大人になればなるほど。

このまっくらやみのエンターテイメント、厚生労働省が後援に名を連ねている。そうしたら、定価8,000円なんていう料金設定(平日昼間学割だと2,800円にまでなるけれど)は、もう少し何とかならないのかなぁと思う。ちなみに、日本は現在、東京渋谷区の神宮前のみが会場になっている。アメリカだとアトランタのみだけど、一般・大人でも約$26程度と、日本に比べて非常に良心的な料金体系。でも、真っ暗闇の中、感覚を英語で説明するのって難しそうだな。。。

TrackBacks (0) Comments (0)

0 TrackBacks

Listed below are links to blogs that reference this entry: ダイアログ・イン・ザ・ダーク (DID).

TrackBack URL for this entry: http://www.thepath.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/495

Leave a comment