アメリカ大学院留学説明会

理系大学院留学を応援するカガクシャネットのメーリングリストにて、下記のイベント案内が流れてきました。ご本人とは面識がありませんが、この分野では非常に有名な方で、当ウェブサイトからもいくつかリンクを張らせて頂いています。興味のある方は、ぜひ検討してみてはいかがでしょうか。


---- <ここから引用> ----
アメリカ大学院留学説明会

-理系を中心に-


理系を中心に、アメリカ大学院留学の説明会(東京)をします。無料です。制度や基本的な部分は理系でも文系でも変りませんし、日本とアメリカの違いの方が、アメリカ国内での理系と文系の大学院の違いより遥かに大きいので、今回より文系の方々にも参加して頂ける様にしました。但し、20年のアメリカ滞在にも拘らず、学生としても教員としてもadmissions committee(選考委員会)でも、青谷正妥(あおたにまさやす)には理系の経験しか有りませんので、文系に特化した話は、間接経験(=友人の話等)のみに成ります。所謂Graduate Schools(大学院)の説明会であって、Professional Schools(専門職大学院=ビジネススクール、ロースクール、メディカルスクール等)の説明会ではありません。

卒業生の皆さんはもとより、他の方々も新しい京大東京オフィスの見学を兼ねてどうぞ。(未だ関西の方が良く分る最近の卒業生の皆さん:京都大学東京オフィスの有る品川インターシティA棟は、神戸ポートピアホテルにとても良く似た外観です。)

【時】 2009年9月18日(金) 16時30分から18時(+質疑応答)

【所】〒108-6027 東京都港区港南2-15-1品川インターシティA棟27階 京都大学東京オフィス(JR品川駅より徒歩5分)

【講師】 青谷正妥(あおたにまさやす):プロフィール
http://aoitani.net/aotani/Personal_Profile.html

▼内容:

1) 日米大学院比較
2) なぜアメリカの大学院か?
3) 大学院の選択
4) 情報収集
5) 必要書類に付いて
6) 奨学金等(financial support)に付いて
7) 英語力とTOEFL
8) GRE
9) 合格の可能性を高める為に
10) アメリカの大学院での学習・研究
11) 卒業後(日本での就職活動を含む)

登録ページ (携帯email *以外* で御願いします。)
http://aoitani.net:80/Registration_US_09.html

会場確保の関係上、申し込み一次締め切りは8月21日(金)とさせて頂きます。上の簡易登録フォームからお申し込み下さい。

『アメリカの大学院』と言う京大での講義と、著書の『超★理系留学術』(化学同人)に基いて、出発前・留学中・卒業後と言う、アメリカ大学院留学の三つのフェーズを説明します。

京都大学東京オフィスに会議室を借りますが、人数の目安が必要ですので、早目に希望者を募らせて頂きます。(因みに、部屋代はこちらの負担です。)

希望される方は、直ちに登録を頂けますと幸いです。
以上、宜しく御願い致します。
因みに、毎年3月にはTOEFL iBTの説明会を東京でしています。

青谷正妥(あおたにまさやす)


追記: 関西同様、参加者の人数に合わせて、それなりのサイズの部屋を借ります。但し、社内や学内での講演と違い、こう言う場所では治安維持や防災の観点から、参加者名簿を提出し、その人達だけが入れる仕組みです。それが詳細に亘る参加者リストの管理が必要な理由です。ルールですので、面倒でも登録及び出席再確認の方、御協力下さい。出席確認・連絡事項・資料は登録email address(携帯以
外の登録を御願いしています)に行きますので、毎日チェックするaddressを登録して下さい。

追追記: 雑談の域に入りますが、青谷正妥(あおたにまさやす)はこう言う活動を老後の生甲斐に繋げたいと思っています。勿論ボランティア活動で、何時まで経っても無料のままです。(青谷注:最初は只で、固定客が付いたら後から有料化、つまり老後の副業と言うパターンは多いですからね。そんな虫けらではないと公に宣言する事は、個人的にはとても大事なのです。)
---- <引用終了> ----

TrackBacks (0) Comments (0)

0 TrackBacks

Listed below are links to blogs that reference this entry: アメリカ大学院留学説明会.

TrackBack URL for this entry: http://www.thepath.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/496

Leave a comment