LA に来て半年が経過

_DSC8440.jpg
結局、更新再開宣言をしてからも、ほとんど何も書けていませんが、ロサンゼルスに引っ越してきて新しい仕事が始まってから、早くも半年が経過しました。8人しかいないスタートアップ企業ですが、朝から晩まで働き詰めかというと、そういうわけでもなく、大学の研究室の延長線上の雰囲気で、それなりに和気藹々と楽しくやっています。元々が南カリフォルニア大学の研究室だったこと、なおかつ、メンバーの半数以上がまだ大学に所属しているので、いままで慣れ親しんだアカデミアの雰囲気を持ちつつ、なおかつビジネスも当然のことながらやっている感じです。小さな会社なので、自分自身のエンジニアとしての仕事の他に、趣味の延長線上でカメラマンっぽいこともしたり、学会への出張などで営業っぽいこともしたり、この先は PI (Principal Investigator) として研究資金申請書を書くこともありそうです。

このように、大学院修了後もアメリカで働くには、それ相応のビザが必要になってきます。その王道(参照:アメリカの就労ビザが欲しければ留学せよ)とも言える、学生ビザ(F-1)、学生ビザ+OPT(就労許可)、そして就労ビザ(H-1B)と、この1年弱のあいだに切り替わりました。アメリカの大学院に留学後にアメリカで働きたいと思っても、米国永住権や市民権がない人には、ビザが大きなネックになってくるので、次回に自分の知っている情報をまとめて、今後の方の参考になればと思います。

TrackBacks (0) Comments (0)

0 TrackBacks

Listed below are links to blogs that reference this entry: LA に来て半年が経過.

TrackBack URL for this entry: http://www.thepath.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/516

Leave a comment